2013.7.16大黒天(濁川)から五色岳

仕事が続いてアップが遅くなってしまいました。

16日に大黒天から濁川に降りて遡行し、お釜から五色岳を回って周回しました。
沢登りのひとたちが下りで使うルートのようで結構歩かれている感じがありました。
累々たる脆そうな岩の重なりの一つが落ちてきたらひとたまりもないな、と不安に思いましたが
ここで落石にあったという話は聞いていないので、大丈夫なんだろうと楽観して歩くことにしました。

このコースを歩く場合、川の遡行は落石に注意する以外問題なところはなく、大変なのは
大黒天から濁川への下りとお釜へ回り込む時に乗り越える尾根の登りが
急なことだと聞いていました。
どちらから歩くのがよいのか迷うところですが、大黒天を下れれば問題解決ということでまず
下ってみることにしました。
地面が湿っていて付いていた足跡でわかるとおり、ふわりと沈むので急斜面でもスリップすること
なく案外楽に下ることができました。
f0003138_119107.jpg

下のほうで石積みのようになっているところを下りましたが、これも見た目よりはどおってこと
ありませんでした。
f0003138_1115267.jpg

落石は心配でしたが、濁川は楽しく歩くことができました。
f0003138_1116180.jpg
何度か川を渡り返しながら登って行きます。
f0003138_11162247.jpg
小さな滝がありましたが、これも脇に通れるところがあって大丈夫でした。
f0003138_11163391.jpg

進んで行くに従い、川原が広くなって落石の心配もなくなってきました。
f0003138_11191231.jpg

沢が二岐に分かれているところが近づいてきました。写真向かって右手はお釜にまっすぐ進む
沢ですが、そちらは小滝の連瀑があり沢やさんの世界のようなのです。
私は尾根の末端に岩がそそり立っている所を登ることになります。
トラバースしながら進む道跡が線になって見えています。
f0003138_11234647.jpg

ちょうど男の人が下ってくるのがみえましたが、川を渡るところですれ違いました。
f0003138_11243068.jpg

尾根に上がる所は遠目にも見えた通り、うっすらですが踏み跡がありました。
f0003138_11265437.jpg

尾根に乗った所から見上げる五色岳です。
f0003138_11295138.jpg

尾根に乗ったら少し上に登ってからお釜に下ります。
道が見えていますね。
f0003138_11291541.jpg

濁川もこのあたりは水量が少ないですね。お釜から漏水していると聞くと、下との水量の差が
納得です。
f0003138_11302555.jpg

お釜の縁沿いに登ることもできるのですが、この日は東側に回り込んだ尾根を使って
登ることにしました。五色岳(左)から少し離れる感じで進みます。
f0003138_11331631.jpg

違った形で五色岳の山頂(奥)が見えてきました。
f0003138_1134789.jpg

山頂に立っているケルンの所からお釜を覗き込んでみます。
f0003138_11372249.jpg

山頂から下ってすぐカモシカの足跡がありました。ここまで上がってきてもなにも
食べるものはないだろうに、カモシカもお釜を見下ろしたくなったのかな。
f0003138_1140349.jpg

下って行くと旧制山形高校の安斎教授が戦前お釜の研究に使っていたという小屋跡の石積
が残っているのが見えました。
f0003138_11474312.jpg

鞍部まで下ったら今度は熊野岳に向かって登って行きます。
f0003138_11502495.jpg

矢印に従い、この岩の下あたりからトラバースしながらロバの耳岩コースの尾根まで進みます。
f0003138_11524030.jpg

ロバの耳岩の尾根が近づいてきました。
f0003138_11531844.jpg

尾根に乗ればそこからは記憶に新しい道です。
前回強風とガスでなにも見えませんでしたが今回はこのへんからも不帰ノ滝を見ることができました。
f0003138_1203767.jpg

ここからは登山者や観光客に会いながら大黒天まで戻りました。
8.5キロ。4時間強でした。
f0003138_1261095.jpg

[PR]
by miyagi1305 | 2013-07-22 12:25 | 蔵王~面白山
<< 2013.8.8芝草平~これが... 2013.7.6 蔵王 熊野岳... >>