2012.12.12 阿武隈地塁山地 深山から螺吹山

阿武隈地塁山地のうち、小斉峠から明通峠までの約10キロは2009年の2月にマルゴさん源兵衛さんと
歩きました。
その時は2回目は歩かなくてもいいかな、と思っていたのでしたが、その後道の状態がどうなったか
気になり、4月には深山から明通峠まで歩いてみました。ずいぶん歩きやすくなっていたのにびっくりした
のは記憶に新しいことです。
反対側はどんな変化があるのか、今回は高瀬峠を目指してみることにしました。

お天気とあって、深山山麓少年の森の駐車場には15台くらい車が停まっていました。
亀石を通るコースを取ったら、このコースはあまり人気がないのか誰にも会わずに深山
山頂に着きました。
山頂の東屋ではご夫婦が鍋を出してなにかを始める様子。海を見ながら食べるのは
格別に違いありません。
遅いスタートだったので山側の展望をみたら先に進むことにしましたが、残念ながら
今日も蔵王は見えませんでした。
f0003138_16312986.jpg

鷹討山にはつけられて間もない山頂板がありました。
f0003138_16363137.jpg

結構広い範囲で伐採された所を通ります。
f0003138_16373888.jpg

[←馬船峠 たかぶつ山→]という新しい案内板がつけられていて感心していたのですが、
伐採地を過ぎてすぐの所にも[←東街道 馬船峠→]というのがありました。
東街道というのはアップルロードのことなので、いつかここを下ってみようと思いながら
馬船峠のほうへ進みました。
f0003138_16403336.jpg

ポイントポイントで展望できるところが伐採されて景色をより楽しめるようにもなっていました。
次郎太郎山から青麻山までが見えます。
f0003138_16485411.jpg

鷹討山を振り返ります。
f0003138_16494322.jpg

馬船峠へは急斜面を下りますが、地面を掘って階段が作られていました。
f0003138_16504925.jpg

反対側の登り口には古い疣石山の標識板の手前に「大沢山」の標識板があります。
f0003138_17243056.jpg

「大沢山」ってどこ?手前のピークかなあと思いながら進んでいきます。
一番雰囲気のよいあたり。
f0003138_16532070.jpg

「大沢山」到着です。右手の樹に、くくりつけられた疣石山の山名板があります。
314.6m浅生原三角点のピークのこの山はこの地区の人たちにとっては「大沢山」だった?
ということでしょうか。
f0003138_1659780.jpg

更に高瀬峠のほうへ進んでいくと段々道の状態が悪くなってきました。
大沢山から600m位のところで掘削地が稜線の所まで来ていました。
f0003138_170369.jpg

笹薮に入らないと通れないほど迫っています。
f0003138_1712591.jpg

高瀬峠の車道を頻繁に行き来するダンプの埃にまみれながら歩くのも嫌なのでここで
引き返すことにしました。

少し引き返すと、どうということのない通過点に「螺吹山」の山名板がありました。
f0003138_174548.jpg

馬船峠まで戻り、以前は車が通れたに違いない道で下ることにしました。
f0003138_1751629.jpg

周回路として利用する人が多いのか、こちらにも土を削った階段が作られていました。
f0003138_1772376.jpg

2キロほど下って東街道の溜池の所に出ました。
車道を歩きながら一段低くなった馬船峠を見上げます。
f0003138_1784255.jpg

車道歩きの1.3キロはダンプなどの大型車両の舞い上げる埃を吸い込みながらとなりました。

駐車場から往4.6キロ、帰りも大体同じ距離でした。
f0003138_17131472.jpg

[PR]
by miyagi1305 | 2012-12-13 17:28 | 阿武隈山地
<< 明けましておめでとうございます... 2012.12.5高舘いこいの... >>