2012.8.29蒸し・虫・の里山

暑い夏。里山は蒸し暑さと虫攻撃でなかなか足が向かないのですが
レンゲショウマをみたくて謎の山Aに出かけてみることにしました。
教えてもらった人から内緒にしてね、と言われたので、山の名前はごめんなさいです。

案の定暑いこと!虫がすごいこと!
帰りに温泉によるのもはばかれるほど汗をかき、虫からの攻撃にゆっくりカメラを
構える余裕もなく、休憩なんてもってのほかの厳しい歩きとなりましたが
この山のレンゲショウマの数は思った以上でした。
大まかに3か所にあった群生地で全部合わせて100株はあったでしょうか。
このへんが北限かなと思いますが、そんなところにこんなにたくさんあったなんて
感動でした。
f0003138_12463886.jpg

そのほかにもいろんな花を見ることができました。
いちばん多かったのはコバギボウシだったかな。

以前この山を歩いた時に花もみてみたい、と思っていたマツカゼソウの花がとても控えめに咲いていました。
やさしく風に揺らぎそうな葉っぱがいい感じです。
f0003138_1246456.jpg

みようによってはちょっとグロいツリフネソウ。
f0003138_12482044.jpg

ヒメヤブブランの小さな花。
f0003138_12491553.jpg

キバナアキギリ。結構たくさん咲いていました。
f0003138_12501942.jpg

オクモミジハグマもあちこちで目立ってました。ミクロサイズの蜘蛛がいましたね。
f0003138_12521365.jpg

そういえばヤマジノホトトギスも多かった。前回登場済みなので今回はチビタコみたいで
面白いツボミを載せてみます。
f0003138_12525223.jpg

ヤブマメかな。
f0003138_1257636.jpg

突然のカナヘビ君。写真を撮ってほしそうに横顔のカメラ目線をくれたので。
f0003138_1258122.jpg

ソバナ。もっとよいアングルはピントが合わないうちに虫攻撃を受けてあきらめました。
f0003138_12594510.jpg

フシグロセンノウ。久しぶりに見ました。
f0003138_131563.jpg

こちらもひさしぶりのキツネノカミソリ。
f0003138_1323611.jpg

えっ!なにこれ?葉っぱはガマズミみたいだけど、変な実だなあ。
調べてみたらタマバエによる虫こぶのガマズミミケフシだったようです。
f0003138_1332848.jpg

ボタンヅル。花はセンニンソウに似ますが、葉っぱは名前の由来になった通り
ボタンの葉に似てますね。
f0003138_1353491.jpg

ヨウシュヤマブドウ。
えっ!違う?
だって、熟したらまったくヤマブドウみたいじゃありませんか?
洋酒を作るヤマブドウじゃないの?
とつい突っ込みたくなりますが。
ヨウシュヤマゴボウです。
ヤマゴボウは食べられますが、こちらは有毒植物です。
f0003138_1363237.jpg

今では雑草として迷惑がられることの多いヤブマオとアカソですが、昔むかしは麻布(今の麻とは
ちょっと違いますが)が作られる大切な植物でした。
アップで見ると花は案外きれいです。
ヤブマオ。
f0003138_13135794.jpg

アカソ。
f0003138_13141112.jpg

クズがすごい勢いでほかの植物に絡み付いているのを眺めながら車に戻りました。
f0003138_13153527.jpg

[PR]
by miyagi1305 | 2012-08-31 13:24 | 宮城県南
<< 2012.9.8不忘山から水引... 2012.8.26イイナツ泉ヶ岳 >>