2012.7.19刈田峠から不忘山

エコーライン側から不忘山まで通しで歩くのはすごく久しぶりでした。
屏風岳往復で満足する最近の山歩きになっていましたが、不忘山まで頑張ってみれば
やっぱり充足感は格段にアップしたのでした。
芝草平はシロバナノクモマニガナがたくさんとトキソウ、イワイチョウが少し咲いていました。
キンコウカは今週末には見ごろになるかもしれません。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
刈田峠の駐車場に7時着。平日のせいか、あまりよい天気予報ではなかったせいか
先着の車は2台だけ。
下ってすぐの湿原はチングルマの絹毛がきれいだ。
f0003138_1215669.jpg

前山あたりで大朝日岳がぷくぷく浮かんだ雲の上に頭をだしているのに気づく。
f0003138_12203845.jpg

下って登って下って登って、を振り返る。
f0003138_12214356.jpg

キンコウカで華やぐ季節を控え、静かな芝草平で一人休憩しながら、奥に見える湿原ってどんな
感じかなあ、なんて気になる。
f0003138_12345546.jpg

屏風岳から眺める水引入道(中央)と馬ノ神岳(左)はいつみてもきれいだ。
馬ノ神岳の奥には青麻山が裾野を広げ、右手中央下には川原子ダム湖が見えている。
f0003138_1237210.jpg

水引入道分岐から眺める南屏風岳と不忘山。
f0003138_12381099.jpg

白石スキー場から水引入道と不忘山で周回したのは何年前だっけ?なんて考えながら進んで
南屏風岳。振り返る。
f0003138_12434428.jpg

ここからは小さいアップダウンの連続。足を取られそうで怖いところもあるけど、爽快感のある尾根歩きだ。
f0003138_1245777.jpg

花を楽しみながら不忘山まで歩いた。
ミヤマカラマツ。
f0003138_12473976.jpg

タカネバラとミヤマトウキとウスユキソウ。
f0003138_12485114.jpg

イワオウギ。
f0003138_1249268.jpg

ホソバイワベンケイ。雌雄異株で、これは雌株。雌株は受粉すると子房が赤く色づくんだそうだ。
f0003138_1249587.jpg

キバナノカワラマツバ。
f0003138_12512715.jpg

ハクサンサイコ。
f0003138_1252569.jpg

テガタチドリかな。
f0003138_12553328.jpg

そして不忘山山頂ではイブキジャコウソウも見れて楽しい一日になった。
f0003138_1258123.jpg

山で出会った人たちは30人くらいだったろうか。白石スキー場から周回の人たちも何人かいた。
往復15.5キロだった。
[PR]
by miyagi1305 | 2012-07-25 13:09 | 蔵王~面白山
<< 2012.8.1姥沢から月山 2012.7.10安達太良山 >>