2012.1.18快晴!熊野岳

なんだかしゃきっとしない毎日を送り、18日もどうしようか迷いながら
洗濯物を干しにベランダへ出たら、白銀に輝く蔵王が目に入ってきました。
無風で穏やかな晴れのこの日を山に行かなくていつ行く!って感じで
とたんに元気が出たから現金なものです。

#我が家に光がやってきた!16日に工事してもらい使い始めたばかりですが
ネット環境ずいぶんよくなりました。
#高脚こたつを買い居間でこたつに足を突っ込んでパソコンが出来るようになったので
うれしいぬくぬく作業です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

もうなにもいうことなし!の好天。すみかわスノーパークのリフトのおにいさん(私よりちょっと年上?)
に激励されてリフトに乗りこむ。
うちを出たのが9時過ぎ。30キロ内のアクセスとは言えリフトに乗ったのは10時を過ぎて
しまった。刈田岳までなら十分ゆとりの時間だけど、もうちょっと早くでたら熊野岳まで行けた
のになあ、なんて思いながら登って行くと雪上車の通り道の奥に熊野岳が見えてきた。
f0003138_1240780.jpg

「今日は絶好の登山日和だね。ばんざーい!」と祝福してくれている?
オオカメノキの冬芽である。
f0003138_12412919.jpg

ここ数日は積雪がなかったせいもあり、トレースがあちこちにあり歩き易い。
f0003138_12431164.jpg

下で樹林の間から屏風岳や後烏帽子岳がちらりと見えてきて、ついうれしくて
写真を撮りまくってしまったけど、上のほうで樹木に邪魔されなくなってくるとやっぱり
そっちの景色のほうがいいってことになってしまう。
エコーラインを跨いでからは広い斜面に入り展望も思いのままだ。
f0003138_12472734.jpg

ヘリコプターの音が大きく響いてきてあっという間に去って行ったけど、ちょうど刈田岳の
真上でとらえることができた。わかるかな?
f0003138_12481454.jpg

何度みても見あきない景色に今年も出会う。
樹氷は井戸沢や金吹沢のような地形のくぼんでいるところではあまりできてないけど、
斜面ではそれなりに発達していた。
f0003138_1254092.jpg

今年も清々しい極みの刈田嶺神社。
f0003138_1304854.jpg

レストハウスの奥に朝日連峰。
f0003138_1314735.jpg

刈田岳までと思ってたんだけどね、時間も午後の1時過ぎちゃったんだけどね。。。
いつもは吹き飛ばされそうな風が吹いている山頂部も、この日はそれほど気にならない程度。
熊野岳のほうで動いている人が見えたりするとやっぱり行ってみたくなる。
ということで急いで行ってみることにした。
「すごいいい天気だねえ。日に焼けるねえ。」なんていいながらみんなこの上なく
うれしそうである。
f0003138_1374058.jpg

実は厳冬期に熊野岳まで来たのは初めてなので感慨ひとしおなのだ。
蛇行しながら北に伸びる奥羽山脈。
雁戸が冬はなおさらで目立っている。
f0003138_13132379.jpg

地蔵山と三宝荒神山。樹氷は三宝荒神山の右裾に発達しているのが見て取れる。
f0003138_13445730.jpg

熊野山頂から刈田岳~屏風岳~後烏帽子岳。
f0003138_13245399.jpg

熊野神社も分厚い氷雪に囲われていて
f0003138_1344912.jpg

熊野岳山頂から奥に吾妻山を眺める。
f0003138_1433219.jpg

思う存分白い世界に浸った一日。
気付けばもうすぐ2時。急いで引き返した。
すみかわスノーパークゲレンデトップから熊野岳山頂まで約5キロでした。
下りはスキー場ゲレンデの途中でGPSが電池切れしてしまいました。
f0003138_1492686.jpg

[PR]
by miyagi1305 | 2012-01-20 13:28 | 蔵王~面白山
<< 2012.2.28南蔵王野営場... 大晦日・赤坂の里森林公園と幻の... >>