二口山塊・ムジナ森石橋と仙台神室(9月5日)

7月に鳥海山・笙ヶ岳を歩いた時に、「今度は蔵王に遊びに来てね」と鯛金さんを
誘っていたが、8月の暑さである。9月に入ったら落ち着くのでは、と計画を立てた。
まずは南蔵王縦走や北蔵王縦走をしてもらうのが王道といえば王道なのではある。
ずいぶん前にもそんな話はしていたのであったが、相次ぐ私の膝や肩の修復で
立ち消え状態になっていたいきさつもある。
それにこの暑さだ。
いくらでも標高の高い中央蔵王あたりを歩いてもらうのがよいには違いない。
と迷いながらも
庄内から一番近くて割とコンパクトに展望の変化を楽しめるコースということで
笹谷峠からの仙台神室を案内することになった。
どうせなら変化を楽しんでもらおう、人がほとんど入らないスペシャルな場所も
付けちゃうっていうのもいいか、なんて段々エスカレートしてしまった。

この暑さではあの藪こぎはやっぱり大変だった、と気付いたのはいつものことの
頭の回りの悪さで実行後であった。

6時45分の待ち合わせであるが、朝ごはんを食べながら準備もゆっくりしたいので
早めにうちを出た。
朝の笹谷峠は18度。すがすがしい空気だ。
ちょっとしてみいらさんもやってきた。
山形盆地に雲がたまり、雲海の上に朝日連峰が長い線を引いている。
朝日のちょっと手前に島のように浮かんでいるのは白鷹山(標高994m)だそうだ。
f0003138_1011259.jpg

2人でそれぞれ朝食準備を済ませたころ庄内組も到着した。
佐藤@鶴岡さんとは2008年の6月に日暮沢から狐穴小屋まで一緒に歩いて以来で
懐かしい。でもついこの前会ったばかりのような身近さも感じる。

みいらさんの車に4人乗りこんで仙人大滝コースに向かい7時10分ころスタートした。
標高900mの笹谷峠より200mほど標高を下げたが、ブナの多い森の中の沢沿い
コースは涼風が吹き心地よい。
ちらりと見えた滝をもっとよくみようと下に降りた鯛金さんに続いて降りてみた。
実は私は滝壺の見えるところまで降りたのは初めてであった。
f0003138_10105526.jpg

この滝のすぐ上で印象的なウォータースライダー滝を通りすぎて何回か沢を
渡り返して仙人大滝の分岐に着いた。
佐藤@鶴岡さんに「大滝まで5~6分くらい?」
と聞かれて「そんなにかからないと思います」
と答えたが、これは実は滝の見える途中までのことだった。
滝壺まで行けること、そこまで自分は行ってなかったことがわかった。
とずいぶんいい加減な案内ぶりを最初からしてしまった。
f0003138_10261713.jpg

仙人大滝からショートカットで登る踏み跡みたいのがあったが、分岐の所に荷物を
おいてきたので、戻り、登山道を辿る。
988mピークの次のピークはずいぶん前から稜線伝いのコースは危険回避のため
巻き道のコースに付け替えられていて遠回りだ。
回り道のほうも終わりのほうはロープや木の根をつかんでがしがし登る所が続き
急坂を登り切った所で以前のコースに合流する。
ここから少し進むと1180mピークへの分岐(らしきもの)がある。
ダンゴ平への道と間違って直進してしまう人が多いせいか、入口だけは踏み跡が
しっかり出来ているがすぐに藪に埋もれる。1180mピークへはそんな所を進む。
2年前は後ろにくっついて歩いたせいかそれほど大変とも思わなかったが、自分が
先頭に立って歩くとやっぱりずいぶん大変だ。
1180mピークの藪も相変わらずすごい。石橋への降り口を探すのにうろうろし
尾根から右手に下る所を探すのにない、ない、と少し不安になり、降り立った基部から
ブナの急斜面を下るのにはルートを西寄りに取って以前と違う所を進んでしまった。
笹藪が邪魔だが、ここは豊なブナの森なのだ。
f0003138_10452761.jpg

少し遠回りになりながらも石橋に辿りついた。
この石橋は大きすぎてカメラに入りきらない。
佐藤@鶴岡さんがモデルで石橋の下まで降りてくれた。
f0003138_10442829.jpg

1180mピークまで登ってから標高差170m下るのだから結構時間も掛るというのに
なぜか登山道の分岐から往復1時間くらいと思い違いをしていた。
なんていい加減なガイドであろうか。
今回は休憩も入れて往復2時間を費やした。
暑い日の藪こぎと急坂下り登りは疲労困憊なのであった。
ダンゴ平でこのまま山形神室に向かうか仙台神室まで足を延ばすか迷ったが
せっかく来たからには仙台神室も歩くという気概を見せる鯛金さんである。
稜線に出たら風でも吹かないかとの希望も空しく、おまけに少し曇っていた空から
太陽が顔を出したりして、暑い暑い登りに耐えての仙台神室。
達成感いっぱいのみんなの笑顔がもらえてよかった~。
うしろ姿のみいらさんもニッコリしてくれてたはず。
f0003138_15532750.jpg

北側は大東岳がやっぱり目を引く。
f0003138_10561651.jpg

山形神室への登り返しも暑いのなんの。
まるでしごきというか苦行のごとき山行きみたいになってしまったね。。。
山形神室を下るあたりから涼しい風を時々受けるようになってきた。
風を感じながらきれいな景色を見て下るこのコースはやっぱり楽しい。
f0003138_1124932.jpg

今年初めて見るマツムシソウだ。
f0003138_1134086.jpg

トンガリ山の風は最高に気持ちよかった。みんなの足が止まる。
f0003138_1151515.jpg

ハマグリ山で踏んできたピークを眺めてから笹谷峠への道を進んだ。
f0003138_1193858.jpg

7時過ぎに歩き初めて笹谷峠着は5時ちょっと前。
みなさん、暑い中本当に本当にお疲れ様でした。
GPSを消し忘れて車道にも赤線が入ってしまいました。
f0003138_11111326.jpg

後記:1180mピークをムジナ森と書いていましたが、なんの根拠もなく
書いていましたので、1180mピークに直しました。
[PR]
by miyagi1305 | 2010-09-06 11:40 | 蔵王~面白山
<< 高原山(釈迦ヶ岳1795m・鶏... 聖山平から屏風岳周回(8月31日) >>