川原子ダムから大梁川山(720.2)(11月19日)

大梁川山なんて名前からするとすごい山を想像しますね。
七ヶ宿湖にそそぐ何本かの川のうちの1本に大梁川があり、隣り合って東側には小梁川
も流れ込んでいます。川が先か山が先かはわかりませんが、大梁川のそばには大梁川山
があり、小梁川のそばには小梁川山があって、大はそういう意味なのでしょうが、2つの川と
山の関係をよく掴んで名付けてあって面白いと思いました。

とはいえ大梁川山は南蔵王高原を走る県道51号線の硯石から南側に続く林道
(不忘山の登山口は反対の北側に進みます)
を使えば山頂はすぐでやはり簡単過ぎます。
といううことで川原子ダムから繋げて歩いてみることにしました。
今回は林道歩きはながいけれど、歩きじゃないと繋がらないというのがミソです。

蔵王キツネ村そばに車を停めて「不伐の森」から歩きだしました。
f0003138_13452466.jpg

初秋にも訪れた川原子ダムですが、今回は不忘山が雪化粧しもう冬の装いでした。
水位の下がった岸が何層にも層を重ねてきれいだなあと眺めていたのですが
霜で模様が付いたことに気が付きました。
f0003138_14122373.jpg

ダム湖の南側から林道に入りました。
途中ゲートがあり注意書きもありましたが、たぶん「不伐の森」の遊歩道を歩く人が間違って
入って複雑な林道で迷子になったりしないようにするためのものだろうと自己解釈し、
工事箇所とか危険個所が現れたらすぐに戻ることにして自己責任で先に進みました。
なんということのない普通の林道を進んで2回目に送電線と出会ったところから巡視路
に入りました。
見晴らしのよい鉄塔からは花房山が目立っていました。
f0003138_14210100.jpg

まっすぐに谷の上を進む送電線とわかれて尾根伝いに回りながら巡視路が続きます。
すぐに林道が近づいてきますが、これは川原子ダムへ戻る道なのでしばらくは巡視路
にそって歩きます。
f0003138_14263231.jpg

暗い杉林に入ってすぐに急な登りがあり、平坦箇所を少し歩いて急な所を下ると
山形ナンバーの車数台が止まって伐採作業をしていました。
どうやら硯石からの林道そばに出たようです。
私は作業の邪魔にならないよう(なっていませんが)気配を消して巡視路をそのまま進みました。
まっすぐに延びて気きた送電線とまた出会うと今度は蛤山が大きく見えてきました。
白く雪をかぶっているのは七ヶ宿スキー場のある峠田岳でしょうか。
f0003138_14354431.jpg

すぐ下を通る硯石からの林道に出て、この道を左に800mほど進むとまた伐採地に出ました。
f0003138_1440814.jpg

2手にわかれた道を右へ進んで2キロほどで大梁川山の取り付きでした。
あまり藪がすごかったら山頂にはこだわらないことにしようと出かけたのでしたが
うれしいことに道がありました。
山頂も見えています。
f0003138_14423984.jpg

間伐の手が少し入った巻き道を行くと白い山が遠望できました。
形からいって吾妻小富士でしょうか。
f0003138_1446265.jpg

山頂に続く稜線まで上がると左手にも踏み跡が続いていたので少し歩いてみました。
踏み跡はさらに続いていたのでしたが、時間も遅くなっていたので引き返すことにしました。
こんな時はもっと近くから歩きだせばよかった・・・と思います。
山頂は樹木に邪魔されてあまりよくありませんが、なんとか不忘山を眺めることができました。
ここのブナは枝がスリラーものにでも出てくるように複雑に枝を伸ばして写真で見ると
ちょっと怖い感じがしますね。
f0003138_1452626.jpg

山頂からの下りは腰くらいの薄やぶをそのままショートカットで下りました。
林道に出てから大梁川山への分岐(右手)の所を振り返ってみました。
f0003138_1455346.jpg

ここからはまた長い林道歩きの戻りです。
左手にいつも見えている不忘山に慰められながら歩きました。
終盤の川原子ダムを南側で周回する林道は西側は最初不忘山をみながら下り、東に大きく
方向を変えると右手が植林、左が明るい雑木林で、雰囲気はこちらのほうがよいように思いました。
f0003138_150142.jpg

左は松くい虫駆除のお注射でしょうか。
右のムキタケは流れてしまっていました。残念。
f0003138_151124100.jpg


f0003138_15125344.jpg


14キロのほとんどは林道歩きで、短く済ませようとすればそれもできる道歩き
ではありましたが、初めて歩くとやっぱりそれなりに楽しめて満足なのでした。
f0003138_1573339.jpg

[PR]
by miyagi1305 | 2009-11-22 13:54 | 宮城県南
<< 亘理の愛宕山と四方山から黒森山... 戸神山で中冒険(11月12日) >>