紅葉しらべin宮城蔵王(10月4日)

近くて簡単お手頃絶景満喫大黒天コースですが、紅葉で感動したことは
残念ながらありません。
今回はどうでしょうか。

エコーラインの紅葉はすみかわスノーパークあたりでやさしげな黄色の
樹海が広がり始めたところ。この下の崖状の急斜面は鮮やかな紅葉が
楽しめるところですが、まだ少し早めでした。

駒草平から眺める五色沢の斜面と不帰ノ滝の眺めが気に入って寄るように
なったのはつい最近のことです。
紅葉の時期は今回が初めてなので比較はできませんがちょっと早かったかな。
f0003138_14561245.jpg

大黒天でほぼ同時に歩き始めた人がいるのですが、人の気配がしないので
後ろを振り返ってみると・・いません。
どこ行ったの?と探してみたら沢へ下って行きました。
沢沿いに歩けるらしい、と聞いたことがありましたが、ここから下るんですね。
この斜面を下るのが一番たいへんそうですが。。。

大黒天コースの紅葉はやっぱり寂しいものでした。
まだ紅葉していない葉っぱと落葉した木が多くて、中間がない感じです。
ハイマツやガンコウランなどの針葉樹が多くて紅葉する樹木そのものが少ないのを
改めて感じます。
f0003138_1575262.jpg


刈田岳から熊野岳にかけても紅葉する樹木はやっぱり少なく(山交リフト側に少し)
この季節は少し単調に感じられるのでした。
雁戸山をここからはっきり見るのは久し振りです。
上のほうは赤みがさしているように見えます。
f0003138_15122083.jpg

中丸山も近くでは鮮やかな紅葉に触れることができたでしょうか?
ちょっと寂しい景色の熊野岳山頂だったけど、これも秋ですね。
f0003138_15174383.jpg

大勢の人達が歩いている馬ノ背から刈田岳山頂に戻り
また同じ大黒天コースに入るといろんな人達がこのコースを楽しんでいました。
「山歩くならそうって出る前に言ってよ」という女性の足元をみると
なんとピンヒールのブーツ。これで登ってきたなんてすごすぎる。
登りはまだしも下りはどうよ?
それからサンダルの人もいました。
ちゃんと整備された道なのでそれもあり、かな。
足(足裏)が健康な人ってほんとうらやましいです。
f0003138_15315051.jpg

エコーラインは?と見やるとハイラインに上がる車のために井戸沢源頭のVカーブまで
のろのろ走行。
この程度ならそんなにいらいらしなくてすむでしょうか。
f0003138_1539563.jpg

季節は関係ないよ、と不動の構えだね。
f0003138_15412358.jpg

朝に寄った駒草平を眺めおろす大黒天入口付近が一番の紅葉スポットなのでした。
f0003138_15443724.jpg


賽ノ蹟の散策路(カモシカ温泉コース入口付近)も歩いてみることにしました。
今日一番鮮やかだった三途の川です。
f0003138_16125320.jpg

振子沢。これからどれくらい色づくのかまた来てみたいな。
f0003138_16165139.jpg

名号峰方面の斜面は黄色をちりばめていました。
f0003138_1620264.jpg

初夏に小さなクリーム色の花をたくさんつけていたアキグミの実がなっていました。
子供のころ実家に春グミの木がありました。
とってもおいしそうに色づくのにえぐみがあってみごと期待を裏切ってくれました。
どうせ植えるならおいしい実のなる木にしてほしい、と内心思っていたのを思い出し
ながらつまんでみました。
こちらは小粒ですが甘みと酸味とえぐみのバランスがよくて次々とお口の中に運ばれて
行ったのでした。
f0003138_1621272.jpg

[PR]
by miyagi1305 | 2009-10-05 17:33 | 蔵王~面白山
<< 観音岩(10月10日) 錦秋。一切経山(10月1日) >>