前烏帽子岳敗退(4月30日)

今の時期の前烏帽子って歩けるんだろうか?
雪はそれほどないようにみえますが?
そんな疑問を解決するためでかけてみました。
標高1100mを過ぎると残雪を登るようになりましたが、中途半端で歩きにくいこと
子の上なし。雰囲気もごちゃごちゃした感じで頑張って山頂まで行こうという気力を
なくし標高を150mくらいのこして引き返すことにしました。

蔵王は標高500mあたりで新緑の葉っぱがだいぶ開いてきた感じですが、
標高630m位の前烏帽子への登山口付近の芽ぶきは始まったばかりでした。
ヤマザクラの花が目立っていました。

小阿寺(‘こあてら’なんですね。またわすれて‘こあじ’と言ってました)沢の渡渉は
バランスのよい人なら登山靴でも大丈夫そうでしたが、私は長靴で問題なしでした。
f0003138_15214457.jpg


(※大きな岩がごろごろしているところを過ぎて少し傾斜が緩くなったところは笹がかぶって
足元が見えないところがあり、一瞬道を間違ったかと思いました。)

登山道下部の雰囲気は開放感があってよいのですが、残雪で道を見失って進もう
とすると障害物となる樹木があらゆる手で邪魔をしてきます。
f0003138_15283791.jpg

夏道からこんな景色見えていたっけ?の景色は南雁戸と大東岳が目立ちます。
f0003138_15324583.jpg

ここから更に少し登ってみたけれど、歩きにくくてしょうがありません。
夏道はどこへ隠れてしまったのでしょう?
雰囲気がいまいちなので無理して続ける気になれず戻ることにしました。

撮影に協力してくれたことりさん(ゴジュウカラかな?)。賑やかな季節になりました。
f0003138_15371531.jpg

f0003138_1611860.jpg

朝食のピザ。クラフトのピザ台(2枚入り200円ちょっと)にピザソースとピザチーズ
をのせ、トッピングのコシアブラと人参葉は熱が入りやすいようにマヨネーズをからめました。
人参の葉は飾りに徹しましたが、コシアブラは個性をほどよく主張しておいしかったです。
f0003138_15431376.jpg

[PR]
by miyagi1305 | 2009-04-30 16:07 | 蔵王~面白山
<< 朝日軍道の山・葛城山(5月3日) 山菜採り入門で鹿頭山(ろっとう... >>