家形山~相ノ峰~風の堂山~神室岳(4月19日)

f0003138_910845.jpg

神室岳(仙台神室)から東に長く延びる尾根に興味を持ったのはここ2~3年のことです。
鷹の巣山を歩き三方倉山を歩きましたが、三方倉山と神室岳の間は私の中では神秘化
され、自分が歩けるなんてことは(夢には思っても)実現からは程遠いことでした。

そんな山の名前がSONEさんの口から出ました。
総合的に正しい山歩きの判断ができると全幅の信頼を置くSONEさんからの誘いなので
「えっ!私でも行けるの?」
と前進OKの青ランプがつきました。
食らいついて離れないぞ、くらいの感じで行きたい度が加速。
不安はどこかへ吹き飛んでしまいました。

6時のビジターセンターの待ち合わせに間に合うように秋保のコンビニで買い物を
しているとSONEさんも立ち寄りました。
こんなこともなにかよい山歩きを約束されたような予感を感じてうれしくなります。

姉滝の遊歩道から下りたところが登山口になっているそうで対岸に看板も見えましたが
沢水が多いこともあって少し上で二口沢を渡ることになりました。(第一の難関)
急斜面を木につかまりながら登って登山道に合流しました。

結構しっかりした踏み跡を登って行くと磐司岩と大東岳が見えてきました。
このアングルからみる表磐司岩は一つのピークをなしているようで見ごたえが
ありますが、SONEさんによると歩いては通過点に過ぎなかったとのこと。
f0003138_984695.jpg

鳴虫沢を登った人たちの下り道になっているとのことで仙台山想会の山名板のある
家形峰を過ぎるとイヌツゲなどが少し邪魔なところが出てき始めました。
f0003138_9175453.jpg

相ノ峰が見えてきました。
f0003138_9173296.jpg

豊かなブナ林を登ります。
f0003138_922121.jpg

一段低い山々の南東側、寺の沢山。
その奥の泣面山が端正な山容を見せています。
f0003138_9242153.jpg

反対側には帰りに辿る二口林道の奥に鳥海山(右)村山葉山、月山が並んでみえます。
f0003138_9443366.jpg

相ノ峰を過ぎるといよいよ灌木&岩峰のアップダウンが待っている風の堂山
です。(第二の難関)
f0003138_937762.jpg

協力タックルをして立ちふさがる灌木藪から相ノ峰をふりかえります。
(一番すごいところは写真を取っている余裕がありませんでした)
f0003138_9471659.jpg

蔵王を背に短い岩場を下り始めるSONEさん。
f0003138_9482463.jpg

仙台神室への標高200mの登りが始まります。
f0003138_9512796.jpg

振り返ってはぼこっと突き出た風の堂山の岩峰。
あそこを通ってきたと思うとすごい。
f0003138_9545387.jpg

第三の難関の神室岳直下の急坂。トラバース後の登りの斜度は40度くらいだったとのこと。
f0003138_9572236.jpg

急坂を終わったところで山頂をSONEさんに譲ってもらいました。
f0003138_1001524.jpg


7時ころスタートして神室岳の山頂には1時着。
6時間も歩いていたなんてどおりでお中がすいたわけです。
でも夢中だったせいかあっという間だった気もします。

ひだまりの山頂でお腹を満たし、またも長い下りにかかります。
下りはこちらの尾根。結構アップダウンあるけど藪がないのがせめても、です。
f0003138_1035657.jpg

だいぶ遠くなった神室岳。
f0003138_1083321.jpg

清水峠から二口峠に出て二口林道を下り、6時ちょっと前にデポ車に到着。
すごい満足感でいっぱいの一日でした。

私のはいつもながらの簡単なはしょり報告で、危険箇所のきちんとした説明もしていませんので
詳しくは
SONEさん
を参考にしてください。

16キロ、累計高度は1687mの11時間の行程でした。
f0003138_1011810.jpg

[PR]
by miyagi1305 | 2009-04-23 09:58 | 蔵王~面白山
<< 山菜採り入門で鹿頭山(ろっとう... 八溝山その2.茗荷川コース(4... >>