天童高原スキー場から三沢山まで(2月4日)

穏やかな一日になりそうな水曜日です。
前から気になっていた三沢山に行ってみることにしました。
営業をやめてしまったスキー場も多い中、天童高原スキー場はどうなんだろう?
と案じながら行ってみたら、案外元気で頑張っていました。
初級者向けの練習にぴったりのスキー場なのが幸いしているのかもしれません。
この日は自衛隊の人たち大勢と大型バス3台で練習にきた子供たちがいました。

私もリフトに乗ってありがとうの気持ちを表したいものの、まっすぐ登山道に入る
コースとリフトはクロスしており、あまり使う意味がありません。
駐車場とトイレとゲレンデをただで使わせてもらうことになりました。
すみません、と心持ち体を縮めながらゲレンデを横切りまっすぐ進みました。
f0003138_10203890.jpg

キャンプセンターを過ぎて登山コースに入ってからは夏道沿いにワカンの
あとがありこれを追いかけてみましたが、雪が崩れてきて道幅が狭くなって
いるところがあります。ちょっと怖いので、すこし戻って尾根沿いに進むことにしました。
こちらは新雪前のスキー跡が往復分あるのがわかりますが、新雪が降ってからの
トレースはなく、一人ラッセルしながら登ることになりました。
15センチ前後の沈みくらいですが、案外軽い雪で順調に進むことができました。
夏道を来たわかんは吉野平放牧場への分岐のところで戻っていったようです。

薄暗いカラマツ林から解放されると霧氷の世界が待っていました。
f0003138_10393420.jpg

自分だけのトレースの向こうにスタート地点の天童高原を見るのは
いい気分です。
f0003138_10445646.jpg

面白山スキー場と南面白山も霧氷の向こうに見えています。
f0003138_104819100.jpg

そして北面白山が大きく迫ってきました。
少し心が揺れ動いたけどもう12時です。
もっと早くにスタートすればよかったなあ。
でもほかには誰もいないので、やっぱりちょっと心細いかなあ。
また今度にしましょう。
f0003138_10491219.jpg

2時間半掛けて登ったところを1時間ほどで下りました。
こんな雪質の時の下りはスノーシューでも楽しい楽しい。
ウサギ(無数に足跡があるので)の知り合いにでもなった気分でどんどん下りましたとさ。
f0003138_10571428.jpg

[PR]
by miyagi1305 | 2009-02-08 11:13 | 蔵王~面白山
<< それどこ?シリーズ・日登山から... 刈田岳ふたたび(1月28日) >>