刈田岳ふたたび(1月28日)

f0003138_11142291.jpg

穏やかな晴天の水曜日、すみかわスノーパークから刈田岳に上がってみました。
最初熊野岳に進もうと思っていたのですが、上に登るに従って風が出てきました。
それほど強い風ではありませんが、冷たい空気を含んでいて体を冷やします。
馬の背を歩くには少したいへんそうです。
刈田峠のほうに歩いていくスキーの人を見つけて、そちらに予定を変更する
ことにしました。
スキーの人が下れるからと言って、自分も大丈夫と思っちゃいけないのは
十分承知しているつもりでした。
雪山を一人で歩く時は下れることを確認しながら登り、そこを忠実に下ること
と自分に言い聞かせてもいたのです。
が、晴天につい浮かれ気分になってしまいました。
登山届とは違うコースを取ってしまったのも問題でしたね。

10時過ぎにゲレンデトップから直線コースに入るとすでにトレースが
できていました。
前日の新雪が10~15センチほど乗り、快適な歩きです。
f0003138_11384993.jpg

避難小屋には11時半ころ着きましたが、まだ休む気になれずに先へ
進むことにしました。
レストハウスを回り込んで山形方面を眺めながらぐるりと歩きます。
f0003138_1142181.jpg

南の前山方面を眺めながらエコーラインに下って行きます。
f0003138_11441742.jpg

エコーラインから下の樹氷を南側から見ると樹がまるみえでつららが垂れた
状態です。おととしの2月末にこのへんを歩いた時も同じ状態でした。
ここは風あたりが弱いため、暖冬傾向の時には樹氷にはなりにくいのかも
しれません。
その先に進むと順調に発達した樹氷がまた見られるようになりました。
f0003138_1152632.jpg

前山への登りに転じたところから刈田岳を振り返ります。
f0003138_11594733.jpg

急斜面の所で引き返して下に下ってみました。
この辺までは気持ちのよい下りでした。
f0003138_123521.jpg

更に下ろうかどうしようか迷っているとスキー跡を見つけました。
あとを辿ると峠ノ沢に下って行きます。ちょっと不安になりながらも
ついていくと、沢底の雪がまだらで埋まらない所にでてしまいました。
跡の人は両側のせり立ったところをスキーを脱いでトラバースしていきますが、
私はここは通過したくありません。
斜面を登ろうとしましたが、上は急すぎました。
少し戻った所から尾根に上がり、北に進んで金吹沢と井戸沢に挟まれた
尾根に出ることにしました。
清渓小屋の下の小屋に出ました。
f0003138_12384667.jpg

ここで上から下ってきたらしい2人連れを見かけましたが、彼らはどこかに
行ってしまいました。
樹海はうねりだらけでどこを歩いてよいものやら。
迷路のようで無事に抜け出せるのか不安になるような複雑さを見せていました。
日暮れ前にスキー場に出ることができるのか?
そんな心もとない気持ちになってきたところで今度はスノーシューらしきトレースを見つけ
ました。
ほっと一安心したのもつかの間、この跡はいくつものうねりを乗り越え進んで行きます。
急なところはスノーシューを外して登り降りしました。
古いスキーリフト跡に出てやれやれ、と思ったのに、またしてもアップダウンが
続きます。
写真でみると平らそうなんですけどね。
このリフトのゲレンデはどこ?と思いながらも最短距離を選ぶことにしました。
f0003138_12445225.jpg

観光道路を通る雪上車の音がこんなに嬉しかったことはありません。
10時10分にゲレンデトップをスタートして、観光道路には3時15分の戻りでした。
5時間しか経っていないのにとても長く感じた一日でした。
f0003138_1251210.jpg


前回3本目のリフトを降りる時に失敗してしまったことを書きました。
ので、乗る時、減速してもらえるんですよね?と聞いてみると
「今日はプロフェッショナルがいますから大丈夫ですよ」と心強い答えです。
(なんていってこの前と同じおにいさんじゃないよね?)
と心の中で思ったことは思いにとどめて笑顔でリフトに乗りました。
今回の人はやはり一生懸命雪慣らしをしていましたが
絶妙のタイミングでリフトの減速のボタンを押してくれて
「はい、ここで降りて」
私もすっかり慣れた人のようにリフトを降りることができました。
[PR]
by miyagi1305 | 2009-01-31 13:20 | 蔵王~面白山
<< 天童高原スキー場から三沢山まで... みたびの五社山あちらこちら(1... >>