みたびの五社山あちらこちら(1月25日)

前回前々回で西エリア、北エリアと歩いた五社山ですが、今回は里山文庫のみなさんと
東(南寄り)側の2本の廃道と大滝コースから入って南エリアを歩いてみることになりました。
今では中ノ沢から北に回り込んで進む長い林道を利用した道が主な登山道となって
いますが、もとは南東よりのこの2本の道が参道だったのでしょうか
入口を示すと思われる門があり、石碑もならんでいました。
f0003138_928845.jpg

2本の廃道のうち、まずは北側の道を進みましたが、踏み跡はあるような
ないような状態でした。
でも(お勧めはしませんが)里山はこんなところがちょっと冒険心をかきたてられて
結構楽しかったりします。
薄暗い杉の植林から明るい雑木に変った上部の急斜面をがしがし登って山頂に着きました。
しばらく景色を楽しんだあと南側の廃道を下りました。
f0003138_941890.jpg

こちらはずいぶん前に2度ほど歩いたことがありますが、だいぶ荒れたようです。
下の分岐のところは笹がかぶって入口がわかりにくい状態でした。
田んぼが近くなった所に小鳥たちが群れていました。
ほとんど逃げられてなかなか写真を撮らせてもらえませんが
この子にはOKサインをもらいました。ぼけちゃったけどうれしいので。
f0003138_9513468.jpg

ここからは車で大滝の登山口に移動して、大滝をまず目指しました。
実は大滝を見るのは初めてです。
牛道峠に登る途中にあるのだろうか?それにしてはそれらしいものはないなあと
不思議に思っていましたが、本当の大滝は駐車スペースすぐ上の沢を登った
ほうにあったのでした。
水量は少ないですが、何百本はあろうかと思われるつららや氷筍がきれいでした。
f0003138_9561832.jpg

今回初めてご一緒させていただいたHさんに案内していただいて三方塚の少し北側
の縦走路に出ました。
f0003138_1031444.jpg

三方塚からは以前は奥羽山脈が気持よ眺められましたが今は植林木が成長し
樹間からわずかに眺められるくらいになってしまいました。
大東岳から面白山を切り取ってみました。
f0003138_1013982.jpg

牛道峠を過ぎた先から左手の送電線の巡視路に入り鉄塔の下でお昼にしました。
アップダウンを
繰り返してスポ菅そばに出、縦走路で戻り、牛道峠からの道を下って車に戻りました。
里山日和なのに、とてもよいコースなのにほかに登山者もなし。
バイクの音が少し聞こえたけど、静かな五社山でした。
f0003138_10253878.jpg

中の沢から大滝登山口の車移動時にGPSをオフにするのを忘れてしまいました。
五社山から三方塚間の往復を今回のコースのコースにプラスするとなるとかなり
たいへんな歩きになるので車での移動となりましたがそれでもたっぷり充実の
一日になりました。
このエリアにもまだまだ道があり、探索が楽しめそうです。
f0003138_1033529.jpg



[PR]
by miyagi1305 | 2009-01-31 10:52 | 仙台近郊
<< 刈田岳ふたたび(1月28日) 海の見える山シリーズ・望郷山と... >>